正社員を採用できる求人・採用情報ページ作りを目指す、人事部のためのホームページ作成講座。

チームで取り組むならブログツール。
『Movable Type』と『WordPress』

ブログと聞いて、

「ブログは個人の日記用じゃないの?」
と思われた方も多いと思います。しかし、ブログツールもホームページの管理システムとしても優れものです。

ブログツールを使うメリットは、

  • 記事の新規作成・更新作業が簡単
  • インターネット経由で作業ができる
  • 複数のユーザーで管理が可能
といった効率的・スピーディーな運用ができること。
フットワークの軽さが持ち味
といったところでしょうか。

一方、デメリットとしては、

  • ホームページ形式で運用するために、サイトのベース部分を構築する手間がある
  • ブログシステムの運用を勉強する必要がある
  • デザイン・レイアウトを決めるテンプレート作成には、ブログに依存した知識が必要
  • 企業サイト向けの安価なデザイン・テンプレートが少ない
といったことが挙げられます。
しかし、デメリットとして挙げた内容も、一度習得・構築してしまえば、後は効率的な運用が可能になります。

ブログとホームページ作成ソフト(ホームページビルダーなど)との大きな違いは、

パソコンではなく、サーバーにインストール
すること。
ホームページビルダーの場合、インストールされたパソコンでなければ更新作業はできませんが、ブログであれば、
インターネット経由で更新
ができます。これによって、
  • 一人の担当者に依存しない ⇒ 負荷の分散やリスク管理につながる
  • 複数の人が記事を投稿できる ⇒ 情報発信の活性化につながる
という恩恵が受けられます。

ブログでサイトを立ち上げる際に、少し勉強する必要がありますが、ベース部分を構築してしまえば更新作業が楽な点がブログの魅力。

チームで活発に情報発信するサイト
を目指すのであれば、ブログツールでのサイト運営を検討してみましょう。

ブログ・ツール
『Movable Type』と『Word Press』

代表的なブログ・ツールとしてMovable Type(ムーバブル・タイプ)とWord Press(ワード・プレス)があります。

どちらも実績のあるシステムですが、本講座としては、Movable Typeをオススメすることとしました。 その理由として、

  • Movable Typeに関する情報(解説書・ホームページ等)が豊富
  • 商用版があり、正規のサポートを受けることができる
という点で企業のホームページには適していると考えたからです。

Movable Typeは、無料で利用できるオープンソース版と有料版があります。一方、Word Pressはどんな用途でも無償で利用することができます。 それならば、

無償版だけのWord Pressの方が良いのでは?
という考え方もあるとは思いますが、企業のホームページという性質上、イザというとき正規のサポートが受けられるMovable Typeの方が安心して運用できると考えました。

また、日本国内においてはMovable Typeの人気が高く、

書籍・文献類が豊富
な点も有利です。 ブログシステムを運用する上で疑問点やトラブルはつき物。 トラブルを解決するために解説書は心強い味方です。 情報が豊富なほど、解決の糸口が見つけやすくなります。 情報が豊富と言う点でもMovable Typeに分があると筆者は判断しました。

しかし、上記の点を除けば、Movable TypeでもWord Pressでも、会社案内の規模であればどちらでも同様の運用が可能です。

「でも、具体的にどういう違いがあるの?」
はい、両者の違いについては でわかりやすく解説されていますので、All Aboutさまのページをご参照頂ければと思います。

なお、このAll Aboutの記事を書かれているWebプロデューサーの樋口さんは、WordPressを主に使用しているとのこと。 このようにツールに関しては様々な意見・評価があります。それを踏まえた上で、どのツールを導入するのか検討してみてください。



ツール選び・運用編
運用に適したツールを選ぼう。

  1. 手軽でも侮れない
    定番ツール

    『ホームページビルダー』+
    『デザイン・テンプレート』
  2. チームで取り組むなら ←現在のページ
    ブログ・ツール

    『Movable Type』と
    『Word Press』
  3. ブログをカスタマイズ
    ホームページ仕様にアレンジするには?
  4. ホームページは会社の資産
    こまめにバックアップ!